あなたの病気を解消するノウハウ集

管理人の体験談を元に様々な病気に関するノウハウを集めました。頭痛、インフルエンザ、花粉症、うつ病、不眠症、胃腸炎、身体の痛みについて執筆しています。

暑くて眠れない夜の対処方法

   

スポンサードリンク

頭を冷やす

夏場によくあるのが、暑くて眠れないという状況です。

暑い時は体自体温まっていますが、体内の血流も温まっており、それが暑さを感じる原因ともなっています。

そのため血流を冷やすようにすると、より効果的に夏の夜の睡眠対策を行う事ができます。(参考:熱中症になった人がいる!やっておきたい応急処置3つとは)

冷やすと効果的な体の部位は大きく分けて4つあり、まずはです。

頭には脳がありますが、脳は実は熱には弱いという性質を持っています。

夏場の夜に脳が熱を持っていると、眠れない原因となるため、アイスノンなどのグッズで冷やすようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク

太ももも効果的

次にです。

首には血管が多く走っており、血流をダイレクトに冷やせる部位でもあります。

最近では首に巻くタイプの冷却グッズが市販されているので、こうしたもので冷やすと効果的です。

首に巻くタイプのグッズは、寝る前だけでなく外出での様々なシーンでも使う事ができるため、便利に使えます。

また、太ももの裏なども効果的な部分です。

太ももの裏にも血管が多く走っているため、冷やすと効果的です。最後に、脇も同様です。(参考:熱中症になった時のために覚えておきたい効果的な治療法)

複数の部位を同時に冷やして効果アップ

このような4つの部位を冷やしていく事で、暑くて眠れない夜も快適に過ごしやすくなります。

今すでに眠れなくなっている方は、できる部分から取り入れてみましょう。

また、覚えておくと突然の熱帯夜の際にもすぐに対応できるので、今はまだ眠れているという方も、豆知識として覚えておくのもお勧めです。

また、複数の部位を同時に冷やすと、より効果を高める事ができます。

 - 眠れない

スポンサードリンク

コメントを残す

  関連記事

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s
生理前に眠れないという時の対処方法

原因はホルモンのバランス 女性の多くの方が悩む事が多いのが、生理の時の体のトラブ …

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s
臨月で眠れない時の原因と対処法とは

臨月に眠れない原因 臨月が近づくとなかなか眠れなくなるケースが多いようです。 ど …