あなたの病気を解消するノウハウ集

管理人の体験談を元に様々な病気に関するノウハウを集めました。頭痛、インフルエンザ、花粉症、うつ病、不眠症、胃腸炎、身体の痛みについて執筆しています。

インフルエンザの二峰性発熱の特徴とは

      2015/01/05

スポンサードリンク

インフルエンザの再発

インフルエンザは感染すると高熱や吐き気といった症状が起こりますが、適切な治療と安静を心がければとくに深刻な問題を引き起こすことなく完治することができます。

しかしいったん熱が引いた後再び再発してしまうケースもあります。それを二峰性発熱といいます。

とくに乳幼児期に感染した場合に起こりやすい傾向が見られます。

原因に関してはまだ十分に解明されておらず、免疫力と何か関係があるのではないかといわれています。

その特徴としては熱が引いてから再発までの間に半日〜1日程度の間が開くこと。

本来、熱が引いたということはウイルスの排除に成功したことを意味しています。

その後半日〜1日くらいをかけてウイルスを体外に排出するのですが、その間に再び発熱が生じてしまうのです。

スポンサードリンク

症状と特徴

この二峰性発熱では最初に感染したときのように急激に高熱になることはなく、37℃半ば〜38℃くらいまでの発熱が生じるのも特徴です。

もし発症した場合にはその後3日間程度症状が続きます。

この熱の再発によってとくに深刻な症状が起こることは少ないのですが、注意が必要なのが学校への復帰。(参考:インフルエンザで熱が出ない「隠れインフルエンザ」とは)

発症から5日間、解熱から2〜3日間が出席停止期間と設定されていますが、この二峰性発熱が生じた場合にはいつをもって解熱とするのか判断が難しくなるため、ウイルスを体内に抱えたまま登校して感染を拡大させてしまうケースもあるのです。(参考:インフルエンザの出勤停止期間について厚生労働省の指針とは)

また、いったん熱が引いてから二峰性発熱が生じる間に登校してしまうケースも考えられます。

それを避けるためにもこうした症状があることを知っておきましょう。

 - インフルエンザ

スポンサードリンク

コメントを残す

  関連記事

5e7fe52ee4b63b14e7761c8cc4abd26c_s
インフルエンザなのに微熱しか出ないことがあるんです!

一般的に微熱が伴う原因とは 熱が出て体調を崩した時には風邪とインフルエンザの区別 …

932c366eb713a858eb236ee789ec484e_s
インフルエンザの頭痛が酷い!そんな時の対処法とは

インフルエンザの症状の1つ「頭痛」 インフルエンザに感染した時の症状のひとつに強 …

75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_s
家族のインフルエンザに感染しないための対処法

家族内の感染に注意! インフルエンザで一番注意しなければならないのが感染の拡大。 …

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s
幼児がインフルエンザにかかってしまった時はどうする?

薬は使わずに、対処療法 幼児がインフルエンザにかかってしまうというケースでは、基 …

4feb5f4edb0bf2119ec0cbc6285c6fbf_s
妊娠中にインフルエンザになってしまった場合はどうすればいいの?

対策は早めに行いましょう 妊娠中は体調が不安定になりやすい時期です。 インフルエ …

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s
インフルエンザの感染経路についてと予防法

インフルエンザの感染経路は二種類 冬になると毎年話題になるのが、インフルエンザの …

a1f2d0e3e5811c90cf4e2b2effeb1807_s
インフルエンザを診察してもらうタイミングとは

インフルエンザの治療を受けるタイミング インフルエンザはできるだけ早く風邪との見 …

5d74c0a42730203253b7195f0d4c8e25_s
インフルエンザの解熱鎮痛薬にボルタレンが禁忌な理由

ボルタレンはインフルエンザには禁忌 ボルタレンは解熱鎮痛薬として広く使用されてい …

0705e7142d0efaba31f3fa08fabc3d1b_s
インフルエンザの持続期間は型によって異なる!その違いとは

インフルエンザのタイプ インフルエンザには大きく分けてA型とB型、C型の3種類が …

2f78587933e0be00c00313452d308695_s
風邪とインフルエンザの違いは何?

自己判断で判別しないように 冬の時期には風邪が流行りますが、それと共に流行するの …